乗馬クラブに通って1回のレッスンにかかる時間は?

乗馬クラブは1鞍30~50分ほどのレッスンを行っています。乗馬を習おうか悩んでいる人の中には、このレッスン時間を長いと感じる人もいれば、短くて技術習得に繋がるか不安に感じる人もいるかもしれません。

またそもそも乗馬クラブで習うことが何なのかが分からないという人もいて、入会するのに勇気が出ないという人もいるかもしれません。乗馬と聞けば難しい印象もあるかもしれませんが、初心者にいきなり馬を走らせましょうといった無茶ぶりなレッスンをする乗馬クラブはないです。

ではここでは乗馬クラブで習うこととは何か、初心者がまず習い習得しなければならないことは何か、乗馬をしている人は1ヶ月どれくらいのペースで通っているのかを紹介します。参考にしてみてください。

乗馬クラブで習うことって?

あなたは乗馬クラブに通い何を習いたいですか?乗馬クラブで習うことは馬の乗り方というのは当たり前の答えです。しかし馬の乗り方だけしか学ぶことができないのではありません。

乗馬クラブで習うことは、「乗馬の技術」「馬の手入れの仕方」「馬具の装着の仕方」「馬とのコミュニケーションの取り方」「ライセンス取得」「競技会への出場」などが挙げられます。

乗馬クラブに通い始め、最初に習うことが、馬具の装着や手入れの仕方、馬とのコミュニケーションの取り方になります。馬具の取り付けや手入れなどは、乗馬クラブのスタッフが行うように感じるかもしれませんが違います。

受付を済ませ、その日相方になる馬が分かったら、レッスンまでに自分で馬装を済ませ、開始まで待機するのです。レッスンが終了すると馬装を外し、裏掘りやブラッシングと言った手入れを行い馬房へ馬を連れて行くところまでが、騎乗者の役割です。そのため馬具の装着や手入れの仕方、馬とのコミュニケーションの取り方も乗馬クラブで習うことに入るのです。

「乗馬の技術」は馬の乗り方から馬を発進・停止・後退などの指示の仕方といった基礎的なことから、速歩や軽速歩や駈足のような走る馬の上で騎乗姿勢を保つやり方、馬場馬術や障害馬術といった競技としての馬術を習うことができます。

騎乗者のレベルに応じてライセンスの取得をする事も出来ます。まずは全国乗馬倶楽部振興競技会の認定する乗馬ライセンス5級からチャレンジすることになります。乗馬5級ライセンスは3日程度通うことで取得が可能のため、初心者向きと言えます。また続けて通い鞍数が増えれば、4級・3級とレベルを上げライセンス取得が可能です。

ライセンスを取得できるまでの技術を身につけると、乗馬クラブ主催の競技会や外部で行われる競技会に参加をする人も出てきます。競技会へ参加する場合、そのための練習も習うことができるでしょう。

初心者向けにはどんなことをするの?

初心者の人にいきなり馬に乗り駈足のレッスンをする乗馬クラブはありません。それは基礎知識と基礎技術のない人が、高度なことを行えば、人も馬も大きなケガに繋がるからです。

初心者向けのレッスンでは、まずは「馬装の仕方」「馬を引いて歩く練習」「馬への指示の出し方」「騎乗姿勢と騎乗バランス」といった乗馬の基礎を学びながら馬に慣れることから始まります。基礎知識と基礎技術を習得したのち、その人のレベルの合わせて次のステップに進んで行くのです。

基礎技術の習得後は、常歩や速歩を学び軽速歩へと進めていきます。軽速歩になると、馬の動きに合わせ立つ座るといった運動が入ります。初心者の人にとって鐙の上に立つことは、バランスがとりづらいと言えます。また軽速歩は馬の揺れが大きく感じますが、その揺れを身体で上手く吸収しながら座り続ける「正反動」を練習していきます。

おおよその目安で、1~20鞍ほどで常歩や速歩ができるようになり、50鞍までには駈足の練習ができるまで進むことが多いでしょう。

会社帰りにレッスンは行けるのでしょうか?

仕事が終わる時間によっても変わりますが、基本的には会社帰りにレッスンする事は可能です。多くの乗馬クラブでは、仕事終わりの人もレッスンを楽しむことができるとしています。

室内の馬場がある乗馬クラブであれば外が暗くなっても問題ないですが、外の場合は仕事帰りの夕方から夜と時間が遅くなれば暗くなります。暗い中の乗馬は怖いと思うかもしれませんが、会社終わりでもレッスンができるクラブは、照明設備を完備しています。

ナイター仕様での乗馬は、昼間とは違った雰囲気でのレッスンを楽しめるのと言えます。また1日の最後のレッスンであれば、次のレッスンを気にすることが無いので、レッスン後に馬とのコミュニケーションの時間をゆっくりと取ることができるのでおすすめです。

皆さんは1ヶ月に何回くらい通われていますか?

1ヶ月に何回くらい通うかは、人によって全く違うと言えます。乗馬は老若男女、年齢問わず楽しむことができるスポーツです。乗馬を楽しむために乗馬クラブに通う人は、老後の余暇として楽しまれている人や学生・会社員・主婦といったように、様々な人がいます。

その人によって乗馬に使える時間は大きく違うと言えるでしょう。会社員であっても、会社帰りにも通える人と休みの日のみ通う人がいますし、また学生であっても放課後と休みの日に通う人と学校が休みの日のみ通う人といます。そのため1ヶ月に何回くらい通うかの疑問に対し、明確な答えは出せないと言えるでしょう。

しかし週に何度か通える人は、1鞍乗って終わりにする人は多いですが、週に1回などなかなか回数通えない人は、1日に2~3鞍乗って楽しむ印象があるようにも感じます。乗馬は見た目以上にハードなスポーツです。1回のレッスンは30分~50分ほどになるので、連続して乗るのも体力が必要です。自分の体力との相談が必要そうです。

まとめ

乗馬クラブでのレッスンはクラブごとに違いがあり、長く続けるのであればクラブの雰囲気や習う内容を知っておく必要があります。乗馬クラブで習う内容が思っている物とは違ったと思っても、入会金や会費を支払った手前すぐには辞めづらいでしょう。

まずは乗馬クラブで習うことができる内容や初心者でもついて行けるレッスン内容であるのか、どれくらいの頻度で通っている人がいるのかを知りましょう。またなかな時間がとりづらい、社会人の人であれば、仕事帰りに通うことができるなど、通いやすさを重要になってくるでしょう。乗馬クラブが夕方以降のレッスンをやっているのかどうかも、確認しておくと続けやすくなります。

乗馬を習い事と考えるのであれば、自分のイメージ通りの乗馬クラブを見つけましょう。

 

新着記事