中部乗馬クラブ一覧

乗馬クラブ名で探す

ララミー牧場 (八ヶ岳乗馬会)

ララミー牧場は、八ヶ岳のふもと、小淵沢で皆様をお待ちしています。1980年から馬の街小淵沢で、多くの皆様に乗馬を楽しんでいただいています。高原で乗馬をしてみたい方、馬にふれてみたいお子さま方、競技出場のための練習をされたい方、いろいろなスタイルの乗馬を、季節の移り変わりを間近に感じながら、どうぞお楽しみください。

富山市ファミリーパーク

富山市ファミリーパークは、富山市の西、呉羽丘陵の城山公園内に位置しています。ファミリーパークの建設計画は、昭和46年3月に富山市城山公園基本計画(日本公園緑地協会)、昭和49年3月城山北方動物園構想(日本公園緑地協会)、昭和53年3月動物園基本計画(世界野生生物基金日本委員会)とまとめられてきましたが、新しく昭和55年12月城山土地利用基本構想策定のなかにファミリーパーク動物・管理ゾーン建設計画(世界野生生物基金日本委員会)を位置付け、昭和56年2月ファミリーパーク建設基本計画が決定されました。 基本計画では、『自然の中で情操と科学心を養う』 『動物と親しむ』 『くつろぎ、遊び、楽しめる憩いの場を提供する』を目的とし、これを受けて「動物コーナー」、「芝生広場コーナー」、「遊園地コーナー」の3区画が計画されました。 この建設基本計画に基づいて、施設の建設が昭和57年9月着工、昭和59年4月27日に竣工し、翌4月28日に開園しました。 ファミリーパークは郷土の動植物についての様々な知識を普及するために、特に郷土(富山そして日本)の動物たちを中心に生態展示しており、郷土にすむ夜行性の小動物を展示した郷土動物園や自然環境の調査と保全などもおこなっています。 さらに世界的な視野に立った野生動物の種の保存事業にも参加しています。昭和59年の開園より、ファミリーパークは緑豊かな里山の自然環境の中で、家族が楽しみ、憩う施設として市民に親しまれてきました。 今後も「動物」「里山」「地域」をテーマに、様々な事業を進め、「人も森も元気になる新しい里山づくり」を目指していきます。

福井ホースパーク

乗馬は激しいスポーツと異なり、ジュニアからシニアまで年齢性別を問わず、人間の健康増進と健全な精神育成に果たす役割が認められ、どなたでもいつでも始められる心と体のバランスのとれたエクササイズです。また初心者から上級者まで1人1人のお客様のご希望や実力に応じたコースを用意しています。特に初めて馬に接する時でも安心して楽しめるよう厩舎から馬の出し方、引き方、騎乗の仕方はもちろん馬のお手入れにいたるまで乗馬の楽しみ方や知識も身につけていただけます。

ネイティブビレッジ

1992年山梨県上九一色村富士ヶ嶺に誕生。 1990年カウボーイスクールの閉鎖の折、 4頭の馬とポニー2頭を譲り受け、スクールリーダーや、 その友人たちの資金及び労力を結集し 手作りによる 馬小屋、馬場を建設。 2000年6月手狭になった牧場を同じ富士ヶ嶺地区 最上部の現在地に移転。 子供たちのファームステイキャンプ、初心者の指導、 障害、 外乗、引き馬、馬の手入れ指導など 馬に関するあらゆる事を 丁寧に指導しております。 会員、スタッフ共にアットホームなクラブの雰囲気を大切にしています。 馬と仲間を大切にする方ならどなたでも ネイティブビレッジの仲間になれます。