初心者必見!「基礎乗馬」 軽速歩のコツ

乗馬を始めると、覚えなくてはいけないことが多く驚くのではないでしょうか。中でも軽速歩という歩様は、早い段階に練習をします。

軽速歩は簡単そうに見えて、実は見た目以上に運動量が多く難しさを感じる運動です。軽速歩のコツをつかみ乗馬技術を磨きましょう。

最初に覚える動きの一つ、軽速歩(けいはやあし)とは

乗馬で習う運動には「常歩」「速歩」「軽速歩」「駈足」などがあり、「軽速歩」は乗馬の基礎的な運動の一つです。軽速歩とは、右前肢と左後肢、左前肢と右後肢のセットで交互に2拍子のリズムで動く駈足の運動の上で、騎乗者が立つ座るの動作を連続して行うことを指します。

馬の速歩の動きは上下の揺れが大きく、座ったまま騎乗することを正反動と言いますが、この正反動を長時間続けることは騎乗者にとっても馬にとっても負担が大きいと言えます。そのため少しでも負担を少なく乗り続ける為に軽速歩を行います。

軽速歩は初心者の段階で練習を始めますが、最初にぶつかる壁と言われます。それは鐙の上でバランスを保ち立つ必要があるからです。騎乗姿勢やバランスの保ち方脚の位置など、注意すべき点が多くあるため、始めのうちは難しく感じる運動です。

また座る際にも気を抜いてドカッと座り込むことはせず、鞍とお尻の接地面はなるべく少なくし軽く座るだけになり、ここでもバランスを保つ必要があります。

軽速歩中の立ち方と座り方を覚えよう

軽速歩は速歩をする馬の上で、立つ座るを繰り返し行うと説明しました。では立つ座るとはどのように行うのでしょう。ここでは軽速歩中の立ち方と座り方を詳しく紹介します。

軽速歩中の立ち方

軽速歩の中で立ったり座ったりするのは時間的には一瞬です。そのため見た目では難しさを感じません。また軽速歩をしている人を見ても、馬の反動を受けその力で軽く上にあがっているように感じるのではないでしょうか。

しかし実際には固定されていないぶら下がっているだけの鐙の上に、自力で立ち上がるのは非常にバランスを崩しやすく難しいことです。またしっかりバランスを保てる位置に立ち上がらないと、重たいお尻の方に体が流され立ち上がることができません。

軽速歩で立ち上がる時のポイントは、次のようなことが挙げられます。

  • 脚の位置
  • ふくらはぎで馬体を挟む
  • 前のめりを意識
  • かかとを下げる
  • お腹を突き出すイメージ
  • 目線は前

鐙に足がかかっているのはつま先だけです。そのためその上で立ち上がろうとすると、かかとが上がってしまったり足が前に流れてしまい、バランスがとりづらい状況になります。かかとを下げ脚は腰の真下に位置するよう保ちましょう。

また真上に立とうとすると重心は後に行きます。少し前のめりを意識し、ふくらはぎで馬体を挟みながら、お腹を突き出すイメージで立ち上がってみてください。目線を下げると頭が下がり重心は前にかかるので、しっかり前を向くと良いです。

軽速歩中の座り方

軽速歩ではつい立ち上がることに意識が行きがちになり、座るときには力を抜いて勢いよく座ってしまう人を見かけます。またリズムを合わせることに必死で、座り方まで気が回らないのでしょう。

勢いよく座ってしまえば鞍にお尻を思い切り打ち続けることになるので、痛みを感じることがあります。馬にとっても背中に強い刺激を感じながら動き続けなくてはいけないので、大きな負担がかかっていると言え、人馬共にケガをする恐れがあると言えます。

軽速歩で座るときのポイントは次のようなことが挙げられます。

  • 意識して座る
  • 鞍とお尻の接地面は少なく
  • 軽く座る

軽速歩の「座る」は休憩ではありません。そのためしっかり座るというイメージは間違いです。鞍とお尻の接地面は少なく、すぐに立ち上がれるよう軽く座ります。

また立つことやリズムにばかり気を付けるのではなく、座ることにもしっかり意識しましょう。

立つタイミングと回り方を覚えよう

軽速歩は、立つ座るの動作を連続して行うということは分かっていただけたかもしれません。次に疑問に感じるのは、どのタイミングで立てばよいのかということではないでしょうか。

もちろん自分の好きなタイミングで立てばいいということではありません。馬の動きに合わせ立つ座るを行います。

「手前を合わせる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。軽速歩において手前を合わせるということは重要になり、馬の動きに合わせるということです。

これだけ聞くとよくわからない、イメージがわかないという人も多くいるのではないでしょうか。手前とは馬場で運動するときの回転する方向を指します。右回りで進むのであれば右手前、左回りで進むのであれば左手前となります。また手前を合わせるとは、馬場の周り方向に合わせ外側の馬の前肢が前に出た時に立ち、内側の前肢が前に出た時に座ることを指します。

これらを合わせ、右回りで手前を合わせるのであれば右前肢が出たらに立ち、左前脚が出たら座る、逆に左回りで手前を合わせるのであれば、左前肢が出たら立ち、右前肢が出たら座るということが軽速歩の立つタイミングに対する答えです。

脚を入れるタイミングを覚えよう

馬は合図が無ければ歩みを止めてしまいます。それは軽速歩をしてる時も例外ではなく、歩き続けなくてはいけないと馬が思うよう、合図をする必要があります。

練習を始めたばかりの時は、立つ座るを繰り返している軽速歩のどのタイミングで脚を入れたらいいの?と疑問に感じるのではないでしょうか。また立つ座るという動作に気を取られ、脚を忘れてしまい動きが悪くなってしまった経験がある人もいるでしょう。

軽速歩で脚を入れるのは、座ったタイミングです。単純に不安定な鐙の上に立っている体勢で脚を入れることは難しく、誰でもバランスを崩してしまいます。

座っている時間は短いですが、座れば足に余裕があるので脚を入れることができるのです。しかし発進の時のように大きくキックするとリズムがズレてしまうので、軽く小さな動きでの合図が好ましいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。軽速歩は乗馬を始めて早い段階で覚える運動です。

ゆっくり歩く常歩に比べスピードも上がり、いよいよ本格的に乗馬のレッスンがスタートしたなとワクワクします。最初にぶつかる壁と言われるように、馬の動きに合わせバランスを取りながら立つ座るを繰り返すことは、思った以上に難しいことです。

上手くできないことで乗馬は自分に向いていないのではないかと思うかもしれません。しかしポイントを押さえれば、誰でも軽速歩をマスターすることはできます。諦めずに練習を続けましょう。

 

新着記事