馬って本当に人参が好き?

馬が障害をうまく飛んでくれたときや、息がぴったり合った日。「何かおいしいご褒美をあげたいな」と思ったら、どんな食べ物を与えたらいいのでしょうか?この記事では、馬が喜ぶおやつの例や、与えてはいけないもの、おやつの与え方などを解説します。

馬のおやつやご褒美には何がいい?

果物や野菜

馬のおやつとして最も一般的なのは、野菜や果物です。特に、馬と聞いて真っ先に思い浮かぶのはニンジンですね。馬にも食べ物の好みはありますが、確かにニンジンが好きな馬は多いと思います。


ですが、厳しい栄養管理などにより飼料以外を食べる機会のなかった馬は、初めて見る果物や野菜を警戒したり、おいしさを知らないため欲しがらなかったりということもあります。


ニンジン以外にも、馬が食べて良い野菜・果物としてリンゴバナナカボチャなどが挙げられます。また、匂いの強いセロリや酸味の強い柑橘類・パイナップルなどを好む馬も意外といるそうですよ。


普段与えていない食べ物を初めて与える場合には、与えても問題がないかどうかを調べてから少量を与えて、体調に問題がないことを確認すると安心ですね。そのうえで、馬が好んでいるようならおやつやご褒美として与えましょう。

馬は甘いものが好き!

甘みをあまり感じられない動物もいますが、馬や犬など人間と昔から生活を共にしている動物は甘みを感じやすいと言われています。そのためか、馬は甘みの強いものが好きなようです。先ほど挙げた野菜や果物だけでなく砂糖や蜂蜜が好きな馬もいて、小さな氷砂糖を口先で器用に探って食べる様子は可愛いですよ。



ただし、甘いものの与えすぎは良くないですし、中には代謝異常などがあって甘いものを食べられない馬もいます。そのため、必ず乗馬クラブの人などに聞いて適量を確認してからあげてくださいね。

馬用のおやつ

果物や蜂蜜は持ち歩きに不便…という方には、既製品の馬用おやつがおすすめです。いろいろなメーカーから馬用おやつが販売されていて、麦やトウモロコシなどをベースにしたペレット状のクッキーに果物のフレーバーが付いたものが主となっています。甘みを抑えたものやビタミンが含まれている商品もあるようなので、材料や愛馬の好みに応じて選んでみましょう。

馬にあげてはいけないもの

ネギ類で貧血に?

よく「イヌやネコにネギ類を与えてはいけない」と言われますが、これはニンニクやネギなどに含まれる物質が赤血球に影響して貧血のような状態になってしまうためです。馬の場合も、食べる量によってはイヌやネコ同様に貧血を起こすことが報告されているので、基本的にニンニクやネギ類は避けるべきでしょう。


しかし、人間がそうであるように体調改善などを目的として少量のニンニクを馬に与える場合もあります。もし与える必要を感じたときは、獣医師など専門知識のある人に相談したうえで量や与え方を慎重に検討してください。

野菜は与え方に注意

馬は多くの果物や野菜を食べる事ができますが、与える際にはいくつか注意すべきポイントがあります。


まず、毒性があるため避けるべき野菜としてアボカド熟していないトマト(ナス科の野菜)などが挙げられます。「この野菜はあげても平気かな?」と迷ったら、しっかりと調べてから乗馬クラブのスタッフに与えて良いか確認しましょう。


また、アブラナ科の野菜を食べると腸内でガスが発生しやすく、疝痛の原因になるとも言われています。少量であれば問題ないようですが、リスクを考えると他の野菜にした方が安心ですね。


さらに、可食部には毒性がなくても芽や皮、葉、茎、ヘタなどが馬にとって有害な場合もあります。こうしたリスクを避けるために、野菜や果物は実以外を取り除いてから与えましょう。

カフェインやカカオもダメ?

カカオにはテオブロミン(アルカロイドの一種)という物質が含まれています。チョコレートのほかコーラなどにも含まれる物質で、人間には目立った害はないのですが、イヌや馬など一部の動物にとっては有毒になる場合があります。また、お茶やコーヒーに含まれるカフェインも馬にとって興奮作用があり、過剰摂取は危険です。


それだけでなくテオブロミンやカフェインは試合にあたっての禁止薬物に指定されているので、馬術競技や競馬の出場をひかえている馬には特に注意が必要です。たとえ馬の健康に影響がなかったとしても、予定していた試合には出場できなってしまう可能性が高いでしょう。


馬は身体が大きいため、少量の菓子類や飲み物で命にかかわる事は稀とされています。しかし、リスクを冒してまで馬に人間の菓子類や飲料を与えるメリットはありません。馬の健康維持のため、こうした人間用の嗜好品は与えない事をおすすめします。

馬へのおやつの与え方

食べやすい大きさで与える

馬の歯は繊維質な草や歯ごたえのあるキューブもしっかり噛む事ができます。しかし、リンゴなどの球形の果物や大きな種、硬い芯などを飲み込んだ際にのどに詰まらせてしまう事があります。こうした事故を防ぐために、果物や野菜を馬に与えるときは芯や種を取り除き、噛みやすい形に切ってから与えましょう。

栄養バランスを考えて

馬用おやつも穀物や果物が主な材料ですし、野菜や果物も人間にとっては健康的な食べ物に思えるかもしれません。たしかに、こうしたおやつは適切な量であれば健康に悪影響は無いはずです。


ただし、馬の飼い(かい:エサのこと)は複数の飼料を組み合わせて、個々の体重や蹄の状態、出場する競技などに合わせた内容で調整されている事がほとんどです。そのバランスを崩す事がないように、与えすぎには注意しましょう。

噛まれないように注意

基本的には馬の口先は柔らかく、小さな食べ物も器用にくちびるでつまむようにして口に入れることができます。ですが、大好きな食べ物だと慌てて食べに来る馬もいるかもしれません。また、人間が怖がりながら与えると馬が「なかなか届かなくてもどかしい」と感じて勢いよく食べに来ることもあります。


こうした場合に噛まれてケガをしないために、小さなおやつや丸い果物などはつまむのでなく手のひらに乗せたり、スティック状に切った野菜は下の方を持つなど与え方に工夫が必要です。


また、おやつを与え慣れない子供の場合は、子供の手に直接馬のロが当たらないように野菜を持った手を包むように大人が手を添えてあげるのも良いと思います。

まとめ

一般的に馬が好むと言われているニンジンの他にも、馬が好きな食べ物はたくさんあります。一方で、ネギ類や一部の野菜、人間用の菓子など、馬が食べると体調を崩したり中毒を起こしてしまう食品もあります。おやつとして与える前に安全性を確認し、食べやすい形状で適切な量に調整してくださいね。

 

新着記事