【乗馬ファッション】エレガントで素敵な乗馬服ブランド その1

競技会などで「あの選手のファッション素敵!」と気になったことはありませんか?晴れ舞台ではもちろん、普段のレッスンでもウェアがオシャレで快適だと気分が上がりますよね。今回は、そんなときにオススメのエレガントな乗馬服ブランドを紹介します!

CAVALLERIA TOSCANA(カヴァレリア・トスカーナ)

【乗馬ファッション】エレガントで素敵な乗馬服ブランド その1
引用:CAVALERIA TOSCANA | PIAFFER公式オンラインショップより
https://www.piaffer.net/categories/2429010

最初に紹介するのは、愛用者も多いカヴァレリア・トスカーナ。このブランドの製品にはデザインの一つとしてロゴが大きく入っていることもあるので、見たことがある人も居るかもしれませんね。

イタリア生まれの「トスカーナの騎士」

カヴァレリア・トスカーナはイタリア発の乗馬服ブランドです。そのブランド名は、日本語に訳すと「トスカーナの騎士」。かつて騎士たちが抱いた「戦う勇気」と「気品」を、馬とともに競技に挑む騎手たちに重ねて、この名前を付けたとされています。


そのデザインは洗練されていながら実用的で「オシャレかつ快適に乗馬を楽しみたい!」という大人に人気のブランドとも言えるでしょう。

シンプルな機能美

ブランド物の乗馬服というと「ここぞという時に着るの?」「競技用のショージャケットや白キュロしか売ってないのでは…」というイメージがあるかもしれませんが、カヴァレリア・トスカーナはTシャツやポロシャツ、アウターなど普段使いの乗馬服も充実していますよ!


アースカラーや黒など落ち着いた色も多く、個人的にはハイブランドな雰囲気が出すぎていないので練習や厩務でも着やすいメーカーだなと感じます。

Hermès(エルメス)

【乗馬ファッション】エレガントで素敵な乗馬服ブランド その1
引用:Hermès – エルメス-公式サイトより
https://www.hermes.com/jp/ja/category/home-outdoor-and-equestrian/equestrian-and-dogs/rider/

次に紹介するのは、今回の4ブランドの中でも知名度抜群のエルメス。「名前は知っているけれどなかなか手に取る機会がない」という人も、どのようなメーカーなのかちょっと見てみましょう。

パリの馬具工房から生まれたブランド

乗馬に縁がなくとも「エルメス」という名前は知っている!という人は多いのではないでしょうか。むしろ、オシャレが好きな人の中には「え?エルメスって乗馬服メーカーなの?」という人もいるかもしれませんね。


もともとエルメスは、パリに店を構える馬具工房でした。しかし、だんだんと自転車や自動車が馬に取って代わる風潮の中で、馬具製作で培った加工技術を利用し財布やカバンを作り始めます。


この方向転換が功を奏してファッションメーカーとして一躍有名になったわけですね。とはいえ、現在も馬具や乗馬ファッションの製作には力を入れています。

「パートナーライダー」という存在

そんなエルメスでは、メーカーと提携を結んでいる選手たちを「パートナーライダー」と呼んでいます。


もちろん他の馬具・乗馬ファッションメーカーも選手やチームと契約を結んでいますが、特にエルメスではホームページなどでもパートナーライダーとの連携に言及していることが多いメーカーと言えるでしょう。


パートナーとなった選手たちは単にエルメスのウェアを着て広告塔になるのではなく、その開発において使用者の目線から提案やアドバイスを行っているそうですよ。


ビビッドなオレンジやシックなネイビーなど、一見して「オシャレだな!」と感じる配色や品の良いフォルムは「さすがエルメス」という感じですが、一線で活躍する選手たちの生の声を生かした機能性にも注目したいところですね。

EQULIBERTA(エクリベルタ)

【乗馬ファッション】エレガントで素敵な乗馬服ブランド その1
EQULIBERTA | JODHPURSホームページより引用
https://jodhpurs.jp/c/brand/equliberta?page=2&sort=latest

3番目は、日本の乗馬用品ブランド「エクリベルタ」。乗馬人口が少ない日本では乗馬を専門とするメーカー自体が非常に少ないですが、どのようなブランドなのでしょうか?

日本人のための乗馬服ブランド

海外は馬術の歴史も長く、馬具や乗馬用品を扱うメーカーも世界的に有名な所が多いですね。そんな中で日本初の乗馬服ブランドとして生まれたのがエクリベルタです。


乗馬グッズと言えばデザインもサイズも外国メインの中で、エクリベルタは「もっと日本人の文化・身体のスタイルに合わせた乗馬ファッションがあったらいいのに」という声に応えて創設されました。


製造工程に関わるデザイナーさんや品質管理の担当も勿論日本人。縫製についても、老舗のフォーマルウェア専門メーカーの協力を得るなど、メイドインジャパンにこだわったブランドです。

乗馬をより自由で身近に

エクイア(馬)リベルタ(自由)を組み合わせたエクリベルタという名前には、もっと自由に乗馬ライフを楽しんで欲しいという願いが込められています。


「ブランドもの」と聞くと高価なイメージがありますが、エクリベルタは価格面でも乗馬への敷居を下げてくれる存在。ここまで紹介したメーカーの商品を見て「やっぱり高いよー!」と一歩引いてしまった方は、是非エクリベルタの商品も検索してみてくださいね。


さらに、エクリベルタでは馬具や乗馬服だけではなく、馬用のおやつや日常生活でさりげなく使える乗馬柄グッズも販売中。乗っているとき以外も馬のいる生活を楽しみたい!というときにも役立つブランドです。

EQUILINE(エクイライン)

【乗馬ファッション】エレガントで素敵な乗馬服ブランド その1
引用:EQUILINE JAPAN公式ホームページより
http://equiline-jp.com/

最後は、イタリアの乗馬用品ブランド「エクイライン」です。欧米では、乗馬文化の歴史が長いだけに道具作りから始まって乗馬服にシフトしたブランドも多いですが、エクイラインはどのような沿革を持っているのでしょうか。

スタートはサドルクロス

1970年代にイタリアで生まれた乗馬服ブランド・エクイライン。このブランドが誕生したきっかけは「今までにないサドルクロスを作ろう」という試みでした。


エクイラインでは織物の研究で培ったノウハウを活かしてオール天然繊維かつ高い通気性&緩衝性をもつ製品を発売。この成功によりブランドの知名度は上がり、サドルクロスにとどまらず乗馬服ブランドとしても安定した地位を築いています。


乗馬服や馬着・脚巻だけでなく、ステーブルカーテンやアクセサリーホルダーなど厩舎で使えるグッズも販売中。馬房周りを便利&オシャレにしたいときにも是非チェックしてみましょう。

エコロジー&最先端へのこだわり

エクイラインの特徴は、環境に配慮しつつも最新の技術独自の繊維を用いて高性能な商品を作り出しているという点。特に、乗馬服には目的や状況に合わせてバリエーション豊かな生地が採用されています。


・通気性・撥水性・伸縮性を併せ持つX-Cool evo
・快適性と高い伸縮性を持つ4 Way Stretch
・優れた通気性と耐水性を両立したWater Repellent


など、暑さ寒さや雨のなかでも快適に練習&競技に取り組めそうです。外でのレッスンが多いスポーツだからこそ、気温や天候からのストレスを和らげてくれる服にはこだわりたいですよね。

まとめ

乗馬服選びには価格・デザイン・機能性など複数のポイントがあると思います。是非、自分の好みにマッチしたブランドを見つけて乗馬服でのオシャレも楽しみましょう!

 

新着記事