馬をモチーフにした春物ファッションも楽しみたい!

寒さも和らぎ、おでかけしたくなるような季節になってきましたね。今回の記事では、春に馬モチーフのファッションを楽しむポイントと共に、乗馬グッズブランド「EQULIBERTA」(エクリベルタ)から発売されたデイリーウェアも紹介します!

普段着も乗馬モチーフで楽しむ!

馬をモチーフにした春物ファッションも楽しみたい!

乗馬ウェアは蹄鉄や馬など乗馬モチーフのデザインも多いですが「普段着ではなかなか馬モチーフに出会えない…」と感じている馬好き女子さんも多いはず。今回は、そんな女性のみなさんに朗報です!


最近では、ラインナップにデイリーウェアを加える乗馬グッズメーカーも増えてきています。この3月には「EQULIBERTA」から春にピッタリのデイリーウェアが新登場。こちらのスプリングウェアを見ながら、春の“馬コーデ”についても考えてみましょう。

さりげない馬モチーフ

ブラウスはスカーフに、そしてプルオーバーは袖口と裾に馬&馬具モチーフのプリントが入っています。柄自体は結構大柄ですが、グレーっぽいのであまりうるさい印象はありません。


モチーフが目立ちすぎると子供じみた印象になってしまうので、馬モチーフで“大人女子”のオシャレをしたい!という人は「馬柄はさりげなく」が1つ目のポイントですね!

小物も馬具デザインで揃えてみる

EQULIBERTAの特集ページではコーデ例としてウェア以外の小物も紹介されています。写真に写っているのは、銜(はみ)をモチーフにしたベルトや鐙(あぶみ)をかたどった時計。これも蹄鉄などガチガチの馬モチーフでなく「馬が好きなら馬具だと気付く」くらいでちょうどいいかもしれません。


春物は落ち着いた色合いが多いので、時計やベルトのほか、ネックレスや指輪など小さめの光ものを入れることでアクセントになりますよ。

日本人にマッチしたカラー展開

馬をモチーフにした春物ファッションも楽しみたい!

次は、ウェアのに目を向けてみましょう。日本の乗馬用品メーカーならではの「日本人に合うウェア」は、サイズだけでなく色にも秘密がありました。

日本人には“サマーカラー”が合う?

みなさんは“パーソナルカラー”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ラッキーカラーやオーラのようなものかな…と思った人もいるかもしれませんが、簡単に言うとパーソナルカラーは「その人に似合う色」です。


肌の色や髪・瞳の色などをもとに、パーソナルカラーはスプリング・サマー・オータム・ウィンターの4グループに分かれます。そして、日本人にはどのグループが多いかというと…なんと7~8割がサマータイプだといわれています。


このタイプに似合う色はラベンダー・ペールブルー・ネイビーなど青みある穏やかな色。もしくは、ピンクベージュやローズピンクなど黄みを抑えた暖色もおすすめです。オレンジなど黄みの強い暖色は肌がくすんで見えがちなので、黄色系なら青みの強いピスタチオイエローなどが良いでしょう。


今回のラインナップを見てみると、ピスタチオグリーンやペールブルーなどサマーカラーに似合う色が多め。つまり、色合いから春っぽさも感じますが、それだけでなく日本人に似合う色が揃っているわけです。

年齢を問わず楽しめる“くすみカラー”

もう1つ注目したいのが、グレージュやダスティーブルーなど彩度が低めの“くすみカラー”。数年前から「大人っぽく着こなせて肌なじみも良い」と人気ですね。色が明るすぎないので、どんな世代でも落ち着いた上品さを手軽に出せるのが特徴です。


しかし、落ち着いた色であるがゆえに「おばさんっぽく見えないかな?」と心配な人もいるのではないでしょうか。そんなときは、小ぶりなゴールドアクセサリーや白いボトムスなど明るめアイテムを組み合わせると若見え効果があるそうですよ。


さらに、くすみカラーは組み合わせ次第で春だけでなく秋にも活躍!「せっかく買ったのに春だけなんてもったいない…」という人は、ブラウン系のジャケットやアンティーク調の小物などで秋色コーデにも挑戦してみましょう。

仕事・おでかけどちらもOK!

馬をモチーフにした春物ファッションも楽しみたい!

「仕事にも着ていきたい」「休日は馬柄でゆったり過ごしたい」などなど、同じ商品を買っても使いたい場面は人それぞれ。トップスは組み合わせ次第でオンにもオフにも使えるので、1枚持っているだけで何通りものオシャレが楽しめます。

合わせるボトムスで雰囲気が変化

例えば、今回のスカーフ付きブラウスもデニム・プリーツスカート・スーツとボトムスを変えるだけで、全く異なる雰囲気が楽しめます。


デニムを合わせれば、活動的で女子同士で遊びに行くのにぴったり。また、長めのプリーツスカートなら大人っぽさの中に可愛さもあり、デートにも行けそうですね!もちろん、スーツのカッチリスタイルでも違和感はありません。

ベルトで細見えも嬉しいポイント

今回のプルオーバーのようにベルトが付いていると、全体にゆったりしたシルエットでもウエストマークすることができるので細見え効果が期待できます!


一方、ワイシャツならロングスカートやデニムと合わせてベルトをプラスするのもおすすめです。同じ服でもベルトを変えるだけで雰囲気が変わりますよ。

まとめ

今回は「EQULIBERTA」から発売された馬モチーフのデイリーウェアとともに、馬×春ファッションの楽しみ方やポイントを紹介してみました。みなさんも、気持ちがアガる“馬コーデ”で春を迎えてみませんか?

 

新着記事