女性の憧れ、超高級ブランド「エルメス」と馬との関係

エルメスと言えばハイブランドの代表と言っても過言ではないほど有名です。エルメスのバーキンと言えば、テレビや街中で誰でも1度は目にしたことのある高級バックで、女性の憧れとも言えます。

またエルメスのスカーフは人気が高く新作も注目されていますが、昭和レトロブームの今、昔のデザインのスカーフも人気が高まっています。

そんな高級ブランド「エルメス」は、馬との関係があるのをご存じですか?エルメスのロゴを思い浮かべてみてください。馬が描かれているのです。

今回は高級ブランド「エルメス」と馬の関係についてご紹介していきます。

バッグやお財布で有名なエルメス、はじまりは馬具工房から

女性の憧れ、超高級ブランド「エルメス」と馬との関係

エルメスと馬の関係を知るには、エルメスの歴史について知る必要があります。1837年エルメスの創業者ティエリー・エルメスは、当時主な移動手段として用いられていた馬車に目を付けました。

現在では車や鉄道が主な移動手段となっており、特に車は何を乗っているかでステータスを感じさせると言えます。しかし1837年ごろは馬車の装飾や馬具がステータスを感じさせるものだったのです。そこに目を付け馬の鞍とハーネスの職人として工房を開いたのがエルメスの始まりです。

機能性・おしゃれさ共に評判となったティエリー・エルメスの馬具は、次第に人気を高めナポレオン3世の時代には皇帝御用達の職人になりました。創業者のティエリー・エルメスは万国博覧会で銀賞を、二代目のシャルル・エミール・エルメスはパリ万博で金賞を受賞したこともあり、エルメスは最高峰のブランドとして確立していきました。

しかし時代の流れには逆らえず、車が登場することで馬具の需要は低迷しエルメスにも危機が訪れることとなりました。そこで3代目エミール・モーリス・エルメスは、需要のあるロシアや南米に馬具を輸出しながら、ファッション業界へ進出することにしました。馬具同様に高い技術をもって最高級のイメージを守って作られたバッグなどの革製品は、ファッション業界に革命的な影響を与えたとも言えるでしょう。1929年にはスカーフや香水といった手ごろな価格の物も取り入れ、不況の波にも立ち向かいました。4代目ロベール・デュマ・エルメスによってスカーフと香水が定着、シルク素材が取り入れられたり、エルメスの香水で有名な「カレーシュ」が作られたりしています。

高級ブランドとして認知されてきたエルメスですが、今のような世界的に人気のあるブランドにしたのは、5代目ジャン・ルイ・デュマ・エルメスです。製品戦略を立てたり広告戦略をたて、世界的に有名で人気の高い最先端ブランドへと成功させました。

このように馬具工房からスタートし、現在のファッション業界の高級ブランドとしての地位を確立したのです。

エルメスのロゴマークに隠された意味

女性の憧れ、超高級ブランド「エルメス」と馬との関係
画像提供:ロゴ素材ドットコムhttp://logo-sozai.com/data/a0008.php

エルメスのロゴを覚えていますか?「HERMES」の文字の上に何が描かれているのか思い浮かべてみてください。

エルメスのロゴは「HERMES」の文字と共に、馬と馬車と従者が描かれています。しかしそこには馬車に乗る主人が描かれておらず疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。これにはエルメスのお客様に対する思いが込められているのです。

まずロゴに馬車や馬を描いたのは、エルメスの原点は馬具工房であると表しています。その中でも馬車に乗る主人が描かれていないことと、主人の代わりに従者が描かれている理由は、主役はお客さまであるという考えから来ていると言われています。

馬車はエルメスで扱う商品、従者は職人を表しており、描かれていない主人をエルメスを使うお客様に当てはめているのです。その上で「最高の馬車(商品)と従者(品質)はエルメスが用意しますので、主人(お客様)がブランドを扱ってください」という意味が込められています。

また馬車の進む方向は主人によって決まることもあり、「どんなに良い品質の商品を提供しても大切に扱って貰わなければ価値が下がってしまう」というメッセージも含まれています。ロゴに込められた思いを知れば知るほど、エルメスの品質への自信と大切に扱ってほしいという願いが強く感じ取れるロゴであると言えるのではないでしょうか。

今もエルメスで馬具を販売しているの?

女性の憧れ、超高級ブランド「エルメス」と馬との関係

今ではエルメスはファッションが中心で、馬具は作られていないと思っている人も多いかもしれませんが、エルメスは今でも馬具を作り販売しています。手綱やあぶみ革・頭絡のような革製品から、ゼッケンやイヤーネット・馬着といった物まであります。

馬具工房から始まりファッションまで手掛けるエルメスだからこそ、乗馬用のウエアも取り扱っており、どれもシンプルで高級感のあるデザインが人気です。人と馬で合わせトータルコーディネートも楽しむことができます。

また鞍作りも今でもされています。1837年から変わらず1人の職人が、始めから最後まで作り上げる方法を取っています。また全てオーダーメイドで作っており、乗り手の採寸はもちろんのこと、馬の採寸もして作成します。自分と愛馬にフィットする鞍は、乗り心地も良くまさに世界で一つだけの鞍といえるでしょう。

まとめ

今やエルメスと言えば多くの人がバッグやスカーフ・香水と、様々な製品を思い浮かべる知らない人はいないほどのブランドになっていますが、創業時は馬具工房だったということを知っている人は少ないでしょう。しかし馬具工房の頃から品質の良さを追及する姿勢は変わりません。

だからこそファッション業界へ参入してからも変わらず高級ブランドとして認知され続け、高い人気を得られているのだと言えます。エルメスに興味のある人はもちろんのこと、興味のなかった人もエルメスの馬具に注目してみてください。

 

新着記事