こんなにあるの?馬の血液型は何種類?輸血はできる?

血液型は人にとって身近であり、自分の血液型を把握している人がほとんどです。血液型によって輸血できるかどうかが変わり、中には珍しい血液型の人もいます。また血液型占いなど、性格のタイプを診断するのにも使われることがあります。

動物にももちろん血液型はあり、ゴリラはほとんどがB型であるというのは有名な話でしょう。では馬はどうでしょう。ここでは馬の血液型について紹介します。

馬の血液型は3兆種類以上!

人の血液型はABO式と言われ、A型・B型・O型・AB型という表記が一般的です。赤血球の表面にA抗原を持つかB抗原を持つか、はたまたAB型のようにどちらも持つのか、O型のようにどちらも持ち合わせていないのかによって血液型は変わります。しかしこの4つの血液型は、組み合わせ次第では、300通りもあります。

血液検査や献血などで血液型の後にRh-・Rh+の表記があるのが300通りの中の一つです。馬の血液型で一般的に使われているのは、A・C・D・K・P・Q・Tの8種類で、同じように組み合わせにより3兆もの組み合わせがあると言われています。

輸血が必要な時はどうするの?

馬には3兆種類以上もの血液型があると聞いて疑問になるのが、輸血が必要になった時はどうするの?という問題です。人は献血などで提供された血液を輸血用とストックされています。そのため、自分と同じ血液型の血液を輸血できるようになっています。

しかし4種類である人でさえも、違う血液型では輸血することができないことがあります。例えばO型であればどの血液型も受け入れられますが、AB型はAB型しか受け入れることができないのです。

3兆もの種類があれば、合う血液をを探すのもその分大変になりますし、3兆もの血液をストックして置くことも難しいでしょう。そもそも馬はケガや病気になっても輸血をしないのかということになってしまいます。

馬も輸血しなければならない状況はあります。馬の輸血を必要とする状況にあげられるのは、ケガや病気による手術の際、貧血・免疫低下が見られる仔馬を治療する際などです。

しかし実は馬の血液は人の血液とは違い、別の血液型を混ぜても固まることがありません。そのため血液型関係なく輸血することが可能なのです。

ユニバーサルドナーとは?

ユニバーサルドナーとは、輸血専用の馬の事を指します。どんな血液型にでも輸血ができるとはいえ、輸血による拒絶反応が出ないとは言い切れません。このユニバーサルドナーは、この拒絶反応が起こる可能性が低い種類の馬の中から選ばれます。

サラブレットに輸血するならサラブレットの血液が良いのではないかと思われがちですが、それは違いハフリンガーという種類の馬が選ばれます。ハフリンガーとはイタリア・オーストリア・ドイツが原産のポニーです。病気にも感染しづらい強い馬と言えます。

ユニバーサルドナーとしての条件があり、サラブレットは全体の0.3%しか満たしません。それに比べハフリンガーは80%が条件を満たすことができ、選ばれやすいのです。

このような話を聞くと、輸血のためだけに飼われ生かされるユニバーサルドナーに対し、「可哀そう」という意見もありますが、様々な場で活躍する馬たちにとってユニバーサルドナーはいなくてはならない存在なのです。このユニバーサルドナーのおかげで今もなお元気に生きている馬がいるのですから、感謝すべき存在であると言えるでしょう。

まとめ

動物によって血液型が違うということは、なんとなく知られていることですが、馬の血液型が組み合わせによって3兆にもなるということには驚いたでしょう。人も珍しい血液型のため輸血が難しいという人がいますが、3兆もの数では同じ血液型の馬を探すのは、ほぼ不可能と言えます。

動物は子孫を残しより多くの仲間を残そうと進化すると言いますが、馬が別々の血液型を混ぜても固まらないというのは、絶滅しないための馬なりの進化の一つなのかもしれません。

輸血をすることが仕事のユニバーサルドナーという存在は、人間では考えられない存在なので、抵抗を感じる人も中にはいるかもしれません。しかし馬にとっては欠かせない存在であり、実際に多くの馬を助ける存在であると言えます。

表に出ている競走馬ばかりに目が行きがちですが、陰で支えるユニバーサルドナーという存在も多くの人に知ってもらいたいと願います。

 

新着記事