乗馬の前にちょっと確認。馬の鼻の秘密

馬のチャームポイントの一つに鼻があげられます。大きな鼻の穴はぷっくりとしていて、思わず触ってみたいという衝動にかられます。

そんな鼻は馬にとって重要な機能を持ちます。ここでは馬の鼻が大きい理由や機能、馬が鼻血を出す意味について紹介します。ぜひ参考にしてください。

速く走れる馬は鼻が大きい?

速く走るのになぜ鼻が関係あるのか疑問に思うかもしれません。人で考えれば走るのに大きく関わるのは足と腕、馬で考えたとしても走りに関わるのは足だと思うのが普通です。ではなぜ馬の鼻が大きいと速く走れるのでしょう。

馬は口で呼吸することができず、常に鼻呼吸です。食べ物が気管に入ってしまうのを防ぐため、口での呼吸ができないようになっているのだそうです。

人は多くの酸素を取り入れるため、口と鼻両方使い呼吸を行います。馬は人よりも何倍も大きな体をしており、より多くの酸素を取り込む必要がありますが、鼻呼吸だけであれだけの走りができるのは、鼻の造りと呼吸法にポイントがあります。

馬は見ての通り鼻の穴が大きい造りになっています。多くの酸素を取り入れる為に大きくなっているのです。またこの鼻の穴が大きい馬は心肺機能が強いと言われており、鼻の穴が大きければ大きいほど速く走ることができ競走馬に向いていると言われているのです。

馬の呼吸法は「一完歩一呼吸」です。これは肢が着地して次の肢が着地するまでが一呼吸という方法です。走っている間でも多くの酸素を取り込むことができる効率的な呼吸法になります。多くの酸素を取り入れることで持久力を高めることができるので、この呼吸法により馬は力強い走りをすることができると言えます。

空気清浄機や加湿器のような機能がある!

個体差はありますが馬の顔は約60cmほどあり、面長な顔をしています。実はこの約60cmの顔のうち約40cmは鼻なのです。

そんな長い馬の鼻には呼吸をするという意外に驚きの機能があるのはご存じでしょうか?鼻から酸素を取り入れると同時に、体にかかる負担を軽減するために行うことがあります。

冬場に外で鼻から空気を取り込むと、当たり前ですが冷たい空気が気管そして肺に入り込んできます。冷たい空気によって体の組織を傷めてしまう可能性があります。

それを防ぐために長い鼻を通過する間に取り込んだ空気を温めているのです。また空気が温まることにより、湿り気を加え肺に送ることができるのです。空気清浄機のような機能を馬の鼻で行っていると言えます。

また乾いた土の上を走ると土ぼこりが舞います。空気と共に多くの土ぼこりを吸い込むことを阻止する、空気清浄機のような機能も馬の長い鼻には備わっています。

このように馬の長い鼻は、自身の体を守るために様々な役割を担っているのです。

鼻は馬の体の中で一番柔らかい!

馬の体の中で一番柔らかい部分、それは鼻です。おやつを上げるときやコミュニケーションを取るときなどに触れ、その柔らかさに虜になった人もいるのではないでしょうか。

馬の鼻の触った感触はマシュマロ・お餅かのような、モチモチしていて触り心地最高です。たくましさを感じる大きな体で硬いイメージがありますが、鼻は馬ののんびりした性格を表すかのような柔らかさを感じられるでしょう。

鼻血がでたら要注意。競走馬なら引退の可能性も。

競走馬が鼻血を出しその原因によっては出走停止や、引退の可能性があるということをご存じでしょうか。鼻をぶつけたり暑くなることで鼻血が出ることはよくあることなので、なぜそこまで大事になるのか不思議に感じるかもしれません。しかし馬にとって鼻血はぶつけた・のぼせたという簡単な原因ではないのです。

馬が鼻血を出す原因としてあげられるのは、「ぶつけたなどの外傷」「カビなどの真菌性」「肺出血」の3つと言われています。外傷に関しては想像のとおりで人でも起こりうる鼻血の原因です。カビなどの真菌性は、馬房内などが不衛生な状態になっていることで起こる原因と言えます。

出走停止や引退の可能性がある鼻血の原因は、3つ目の肺出血になります。肺出血は全力で走り心肺に負荷がかかることで、肺の血管が破れ鼻血が出てしまうことを言います。馬の中でも競走馬が発症する率が高いことから、常日頃の運動による負荷とストレスからなるとされています。

鼻出血は慢性化することもあり、再発が見られる馬も少ないくいようです。完治させるためには長期休養が必要になります。鼻で呼吸する馬なので競走中に鼻出血が起これば、呼吸することができなくなり、出走出来なくなるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。馬の鼻が長く大きい理由がおわかりいただけたでしょうか。
あの柔らかく可愛らしい鼻には、より多くの酸素を吸うという役割があり、競走馬は特に多くの酸素を取り入れる必要があります。

しかし競走馬にとって全力で走りながら多くの酸素を取り入れることは負荷がかかることでもあり、競走馬の鼻血には大きな意味が隠されていることがわかります。また長い鼻を利用し肺を守るために機能させているため、馬にとって鼻は重要な部位と言えるでしょう。

 

新着記事