冬の乗馬、服装にはどんなものを選べばよいの?

寒い季節でも、乗馬は外でのレッスンがほとんどです。冬に乗馬をするなら、どんな服装が良いのでしょうか?今回の記事では、冬に乗馬をする際の服装や乗馬ウェアの選び方を紹介します!

暖かい&動きやすいもの

乗馬はレッスンの大部分が屋外での活動なので、冬も快適に乗馬をするには服装が大切です。しかし、あまり着込むと動きにくいですよね。暖かさと動きやすさを両立するにはどうしたら良いのでしょうか?


まず、どの季節でもブーツ&キュロットとシャツはあまり変わらないと思うので、重要なのは上着選びです。基本的には、インナーもアウターもあまり嵩張らないものをおすすめします。あまり着ぶくれしてしまうと、動きにくいだけでなくケガ防止のためのプロテクターも着けにくいですよね。


そのため、保温性に優れたダウンの上着を選ぶ場合でも、モコモコしたベンチコートのような上着ではなく薄手で丈が短いものが良いでしょう。


ただ、馬に乗っていると膝~太腿が冷えるので「やっぱり丈の長い上着が着たい!」という人もいると思います。その場合は裾がヒラヒラしない素材やデザインを選ぶと安心ですね。


なぜかというと、服の裾が風にあおられて動いたりバサバサと急に音がすると、馬が驚いてしまうことがあるからです。また、広がったデザインの裾は鞍の後橋などに引っ掛かることもあり危険です。


次に、体が冷えないためには首を温めると良いと言われています。そのため、同じ厚さの服でも首回りが大きく開いたものでなくハイカラーだと暖かいでしょう。


部活などでは服装は襟付きのシャツと決まっている所もありますが、もしワイシャツ・ポロシャツ以外もOKであればハイネックを中に1枚着ると首が冷えません。


上着以外の防寒具を付ける場合は、マフラーは解けると落ちてしまう可能性があるので、ネックウォーマーが便利ですね。

温度調整がしやすいもの

みなさんも「最初は寒かったのに乗っていたら汗が出てきた」という経験があるのではないでしょうか?このことからも分かるように、冬の服装は保温性だけでなく温度調節のしやすさが重要です。


ぶ厚いアウターを一枚着るより、長袖シャツの上に薄手のベストを着るなど重ね着すると調節が楽になります。ベストだけではちょっと寒そうと感じたら、運動していない時間やクールダウンの間着るための上着を用意しておけば心強いですね。


さらに、冬の服装で見落とされがちなのが汗対策です。確かに冬は外気が乾燥しているので、汗をかいている最中はそれほど不快ではないかもしれません。ですが上着で服の中が蒸れて、思ったより服がシットリ…なんてことも。


そうなると、運動後に急速に体が冷えて体調を崩す可能性もあります。そんな汗対策には、通気性の良いインナーやアウターがおすすめです。また、練習後すぐに着替えられる環境であれば、シャツの下には吸湿性の高いインナーを着て練習後にインナーだけ着替えるのも良いかもしれません。

着回しのしやすいデザイン

毎週のレッスンで先週は良かったけれど今週の服や気候には合わない…と上着で迷うのは面倒ですよね。保温性や安全性という視点をクリアしたら、最後のポイントは、季節ごとの着回しのしやすさです。


例えば、薄手のジャケットは1枚持っていると、肌寒い程度ならアウターとして、真冬は重ね着のインナーとして使えるので便利ですね。中には、ファスナー式で防水&厚手のアウターと通気性の良いインナーを分離して使えるという商品もあります。


また、色で迷ったら黒やグレーなど(どんな色にでも合う色)を選べばインナーとの組み合わせで迷うことも無いはずです。もしくは、今自分が持っているブーツやキュロットに合う色を選んでみましょう。カラー展開が豊富な商品なら、ブラウン系とグレー系など色違いをいくつか購入するのも良いですね。

乗馬用品メーカーのものが安心?

乗馬用のアウターは、乗馬専用のものでなければいけないと決まっているわけではありません。そのため、身近に使いやすいアウターがあれば日常的に使っているものでも大丈夫です!


ただし、もし新しく買う場合は乗馬用品メーカーで買うことをおすすめします。一般の衣料品メーカーの方がデザインの選択肢は多いですが、その中から騎乗に向いた形状や機能性の商品を探すのは意外と大変です。


その点、乗馬用品メーカーなら「乗馬に使えるか」を考える手間が省けますよね。また、商品には乗馬経験者の意見が反映されていることが多いです。ポケットの位置など、実際に着てみてると「ここがすごく便利!」と感じることもあるかもしれませんね。


乗馬用アウターの選び方に迷ったら、乗馬用品専門店の人気ランキングなどから選ぶと、安心な品質のものをご覧いただけると思います。

まとめ

冬も快適に乗馬をするためには、暖かく動きやすい服装が大切です。上着を選ぶときは、温度調整や着回しのしやすさ、通気性なども気にしながら選んでみましょう。迷ったときは、乗馬用品メーカーのショップやホームページで人気が高い商品を選ぶという方法もあります。

 

新着記事