【馬を怖いと感じたときはチャンス!】恐怖心は上達の伸びしろがあるってこと!

乗馬を楽しむ中で恐怖心が生まれてしまったことはないでしょうか。これは初心者だから恐怖心が生まれるとは限らず、経験数に関係なく起こることです。

騎乗姿勢が崩れドキッとした時・馬との意思疎通ができなかった時など、きっかけは小さなことですが怖いと思った気持ちがどんどん大きくなってしまうのです。この恐怖心が払拭できず気持ちを引きずってしまう人の中には、そのまま乗馬をやめてしまうということもあるでしょう。

しかし実はこの恐怖心は悪いことばかりではないということをご存じでしょうか。今回は乗馬で生まれてしまう恐怖心の理由や恐怖心を上達する力に変える方法を紹介していきます。

怖いと思ったから乗馬を諦めてしまうのはもったいないです。ぜひこの記事を参考に乗馬を楽しみましょう。

馬を怖いと思う気持ちは当然のことです

乗馬クラブのレッスンでは、同じくらいのレベルの人が集まりレッスンを受けます。グループレッスンの場合、自分の乗馬技術とレッスンを共にする馬に意識を集中しながらレッスンに臨むだけでなく、一緒にレッスンをしている人も意識する必要があります。

そんな時「みんな自分より慣れているな」「余裕があってうらやましい」といったことをふと感じてしまうのではないでしょうか。恐怖心が生まれてしまった後のレッスンは特に自信がなくなっている状態ということもあり、周りの人が余裕をもって乗馬を楽しんでいるように感じます。

馬を怖がっているのは自分だけなのではないかと落ち込んでしまうかもしれませんが、そんなことはありません。表情には出ていませんが馬への恐怖心を持つ人は少なくないでしょう。

馬は大人しく優しい動物です。しかし暴れることがないとは言い切れません。臆病な性格なので驚いて思ってもみない行動をしてしまうこともあります。また適切な指示をすれば基本的には言うことを聞いてくれますが、指示が通らない時もあるのです。

乗馬は人馬一体となって行うスポーツです。人と馬の意思疎通が上手くいかなければ誰でも落馬の危険はあります。体の大きな馬から落ちそうになる体験をしたり思いもよらない動きをされれば、どんな人でも恐怖心は生まれるといえるでしょう。

恐怖心が生まれる本能的な理由

乗馬を始めた人の多くが、馬が可愛い・馬に触れたい・馬に乗ってみたいと思い乗馬をすることを考えたのではないでしょうか。実際に馬を近くで見てどうでしたか?思った以上に体は大きく、この馬の上にまたがり歩いたり走ったりするのは怖いと感じたのではないでしょうか。このなんとなく怖いのではないかと構えてしまうのが本能的に恐怖心が生まれる理由です。

乗馬ではこのほかにも本能的に恐怖心が生まれる状況があります。「馬の背中という高い位置から下を見下ろした時」「駆け足をさせた時のスピード感」などがあげられるでしょう。これらは慣れるまで払拭することは難しく、いつまでたっても怖いと思ってしまう人もいるのです。

先ほど慣れるしかないと書きましたが、ただ何度も繰り返し経験すれば良いということではありません。少しづつレベルアップさせていきながら慣れていくことをお勧めします。

恐怖心が生まれる理性的な理由

恐怖心が生まれる理性的な理由とは、自分が働きかけることで怖いと思う行動を馬が行うことを指します。こちらは本能的な理由とは違い、原因を知ることで解決できる可能性が高いことといえます。

例えば、「鞭を使ったら馬が跳ねたり暴れてしまった」「指示していないのに走り出した」「腹帯を締めようとしたらかまれた」といったことが挙げられます。誰にでも起こりうることなので想像がしやすいのではないでしょうか。

どの事例も冷静に馬のことを考えれば馬がこのような行動をとった理由が見えてきませんか?「鞭を使ったら馬が跳ねたり暴れてしまった」では、馬が鞭が嫌いだった・鞭を打つ場所が悪かったなどが考えられます。「指示していないのに走り出した」では、馬が何かに驚いた・指示していないつもりが足の位置が悪く駆け足と勘違いしたといった理由が考えられます。「腹帯を締めようとしたらかまれた」では、急に締めたので驚いた・締めすぎて苦しかったなどが考えられます。

馬の立場になり理由を考え、やり方を変えることで理性的な理由の恐怖心はなくすことができますので、実践してみてください。

馬を知ることが上達につながる!

乗馬は騎乗者が的確な指示だけをしていれば上手くなるというものではありません。馬と気持ちを合わせ人馬一体で楽しむ為には、馬が何を考え何が好きで何が嫌いなのかを知っておく必要があります。

馬を理解してから騎乗することで、恐怖心が生まれる状況を作りにくくなります。また恐怖心が生まれても、馬を理解していることで原因を想像することができすぐに改善することができるでしょう。

まとめ

乗馬は馬を相手にしているので、どんなに気を付けていても恐怖心は生まれてしまいます。しかし恐怖心をネガティブに考えず、恐怖心をどう払拭するかを考えながら騎乗することで、騎乗技術を向上することができます。恐怖心を払拭する行動は、騎乗技術を向上させることにつながるからです。

また恐怖心が生まれたときに、自分には向いていない・ほかの人より劣っていると考えがちですが、乗馬をやる中で恐怖心を感じているのは、あなただけではないということを頭に入れておきましょう。自信を無くす必要はありません。改善することの積み重ねがレベルアップの第一歩なのです。

 

新着記事