マーティン・フックス選手(スイス)、FEIジャンピングワールドカップ™決勝ライプツィヒ大会で優勝

4月6日から10日にかけて、新しいFEI馬場馬術ワールドカップ™チャンピオンシップ(ドイツ/ライプツィヒ、大会グレードCDI-W Final-GP FS – Grand Prix Freestyle to Music)がライプツィヒで行われました。

3日間にも及ぶ激しい戦いの中、ディフェンディングチャンピオンを含む35人の頂点に立ったのは、マーティン・フックス選手(スイス)とチャップリン号でした。

2位は、ハリー・スモルダース選手(オランダ)とモナコ号でした。

3位は、イェンス・フレドリクソン(スウェーデン)とマルカン・コスモポリト号でした。

Copyright :copyright:FEI/Richard Juilliart

新着ニュース