ジェシカ・フォンブレドウ-ヴェルンドル選手、FEI馬場馬術ワールドカップ™ノイミュンスタ大会で優勝

2022年2月18日から20日にかけて開催された、FEI馬場馬術ワールドカップ™ノイミュンスタ大会(ドイツ/ノイミュンスター、大会グレードGP FS – Grand Prix Freestyle to Music)において、地元ジェシカ・フォンブレドウ-ヴェルンドル選手(ドイツ)とTsf ダレラ Bb号が優勝しました。フォンブレドウ-ヴェルンドル選手は、グランプリフリースタイルとショートグランプリの両方で最高の栄誉を獲得し、それぞれ90.615パーセントと84.395パーセントのスコアを獲得しました。

キャサリン・デュフール選手(デンマーク)とバモスアミーゴス号は、5人の審査員から86.725%を獲得したが、2位に終わりました。

3位は、ナナス・コドボー・メラルド選手とアッテルプガード・オルシラ号でした。メラルド選手は自己ベストスコア84.480%を叩き出し、ワールドカップ・ディフェンディングチャンピオンであるドイツのイザベル・ワース選手を表彰台から外させるというドラマがありました。

Copyright ©FEI/Stefan Lafrentz

新着ニュース