FEIイベンティングネイションズカップ™ホートン・ホール大会にてイギリスチームが優勝

シリーズ9大会あるうちの2番目に値する今大会、FEIイベンティングネイションズカップ™ホートン・ホール大会(ホートン・ホール/イギリス/大会グレードCCIO4*-NC-Sチーム戦)が5月26日29日にかけて開催され、地元イギリスチームが優勝を果たしました。

 主力選手であるトム・マーキュウェン選手(イギリス)は、東京2020オリンピックでチーム戦金メダル、個人戦銀メダルを獲得した実力者で、CCI-S4*セクションを最初から最後までリードしました。イギリスチームの中には、今回シニアデビューを果たした、若干22歳のライダー、ハイジ・コイ選手とフィービー・ロック選手もいました。マーキュウェン選手は試合後、若い選手にとってとても良い経験になったとコメントしていました。

 2位はアメリカチーム、3位はスウェーデンチームでした。

 現在のFEIイベンティングネイションズカップ™の順位は、英国とスイスが共に100ポイントで同率2位となっています。

次回、FEIネイションズカップ™イベンティングシリーズは、6月22日から26日までポーランドのストシェゴムで開催されます。

Copyright Photo: Libby Law

新着ニュース