ヘレン・ランエハネンベルク選手(ドイツ)、ロンジンFEIドレサージュワールドカップ マドリード大会で優勝

11月25日から28日にかけて開催された西ヨーロッパリーグ第3戦である、ロンジンFEIドレサージュワールドカップ マドリード大会(スペイン/マドリード、大会グレードCDI-W-GP FS – Grand Prix Freestyle to Music)において、ヘレン・ランゲハネンベルク選手(ドイツ)と今夏ヨーロッパチームで金メダルを取った13歳の牝馬アナベル110号が優勝を果たしました。

2位には、スペインのスター選手であり今年の東京オリンピックにも出場した、ベアトリス・フェレール・サラット選手(スペイン)とエレガンス号でした。

3位は、フアン・マトゥテ・ギモン選手(スペイン)クウァンティコ号でした。

2位と3位に地元スペインの選手が入る結果となりました。

Copyright :copyright:FEI/Stefano Grasso

新着ニュース