記事一覧

ディニャ・ファン・リーレ(オランダ)、FEIドレサージュワールドカップ アムステルダム大会で優勝

1月25日~1月29日にかけて開催された馬場馬術のFEIドレサージュワールドカップ(オランダ/アムステルダム/大会グレードCDI-W-GP FS)第8戦において、ディニャ・ファン・リーレ(オランダ)とエルメスN.O.P号ペアが87.055ポイントで優勝を果たしました。 2位はイザベル・ワース(ドイツ

ジュリアン・エペイヤー(フランス)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ アムステルダム大会で優勝

1月25日~1月29日にかけて開催された障害馬術のロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ(オランダ/アムステルダム/大会グレードCSI5*-W)第12戦において、ジュリアン・エペイヤー(フランス)とドナテロウ・ダ・アーゲ号ペアが42.04ポイントで優勝を果たしました。 2位はエド

ゲリット・ニーバーグ(ドイツ)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ ライプツィヒ大会で優勝

1月19日~1月22日にかけて開催された障害馬術のロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ(ドイツ/ライプツィヒ/大会グレードCSI5*-W)第11戦において、ゲリット・ニーバーグ(ドイツ)とブルース・ダヴリンCH号ペアが36.55ポイントで優勝を果たしました。 2位はリチャード・

ジェシカ・フォン・ブレドウ=ヴェルンドル(ドイツ)、FEIドレサージュワールドカップ バーゼル大会で優勝

1月12日~1月15日にかけて開催された馬場馬術のFEIドレサージュワールドカップ西ヨーロッパリーグ(スイス/バーゼル/大会グレードCDI-W-GP FS)第7戦において、ジェシカ・フォン・ブレドウ=ヴェルンドル(ドイツ)とTsfダレラBb号ペアが90.795ポイントで優勝を果たしました。 2位はイ

ヘンリック・フォン・エッカーマン(スウェーデン)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ バーゼル大会で優勝

1月12月~1月15日にかけて開催された障害馬術のロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ(スイス/バーゼル/大会グレードCSI5*-W)第10戦において、世界ランキング1位であるヘンリック・フォン・エッカーマン(スウェーデン)とキングエドワード号ペアが33.43ポイントで優勝を果

ウィルム・フェルメール(ベルギー)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ メヘレン大会で優勝

12月26日~12月30日にかけて開催された障害馬術のロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ(ベルギー/メヘレン/大会グレードCSI5*-W)第9戦において、ウィルム・フェルメール(ベルギー)とIQヴァンヘットステーンチェ号ペアが34.45ポイントで優勝を果たした。 2位はハンス

ヤンネ・フリーデリッケ・マイヤー=ツィンマーマン(ドイツ)、 ロンジン FEI ジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ第7戦、ラコールニャ大会で優勝

12月2日~12月4日に開催された障害馬術のジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ(スペイン/ラコールニャ/CSI5*-W)第7戦においてヤンネ・フリーデリッケ・マイヤー=ツィンマーマン(ドイツ)と2022年に出産したばかりのメッシ・ファン・ルイテルスホフ号ペアーが36.52ポイントで優勝を果

イングリッド・クリムケ(ドイツ)、FEI馬場馬術ワールドカップラウンド シュツットガルト大会優勝

11月12日に開催された馬場馬術のFEIワールドカップラウンド(ドイツ/シュツットガルト大会)において、イングリッド・クリムケ(ドイツ)とフランツクスFrh号ペアーが自己最高の83.440ポイントで優勝を果たした。 2位はイザベル・ワース(ドイツ)とDSPクワンツ号で、82.03ポイント、ベンジャミ

ダニエル・ブルマン(イスラエル)、FEI ジャンピングワールドカップ北米リーグ予選レキシントン大会で優勝

11月1日~11月6日に開催された障害馬術のロンジン FEI ジャンピングワールドカップ北米リーグ予選(米国/レキシントン/CSI4*-W)において、ダニエル・ブルマン(イスラエル)とラドリアーノZ号ペアーが35.13ポイントで優勝を果たした。 2位はニコラス・デロ・ジョイオ(米国)とコルネッツ・ケ

コナー・スウェイル(アイルランド)、ロンジン FEI ジャンピング・ワールドカップ北米リーグ予選アッパー・マルボロ大会で優勝

10月25日~30日に開催された障害馬術のロンジン FEI ジャンピング・ワールドカップ北米リーグ予選(米国/アッパー・マルボロ/CSI5*-W)において、コナー・スウェイル(アイルランド)とコートミーイン号ペアーが35.76ポイントで優勝を果たした。 2位はダニエル・ブルマン(イスラエル)とジェマ