ハンター・ハロウェイ選手(アメリカ)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ ラスベガス大会で優勝

11月16日から21日にかけて開催された障害馬術北米リーグである、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ ラスベガス大会(アメリカ/ラスベガス、大会グレードCSI4*-W)において、弱冠23歳のハンター・ハロウェイ選手(アメリカ)とウェストファーレンの牝馬ペピータ・コン・スピタ号が優勝を果たしまし

シモン・デレストレ選手(フランス)、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ ヴェローナ大会で優勝

11月5日から11月7日にかけて開催された西ヨーロッパリーグである、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ ヴェローナ大会(イタリア/ヴェローナ、大会グレードCSI5*-W)において、シモン・デレストレ選手(フランス)と16才の騸馬エルメスリアン号が優勝を果たしました。 2位は、ケンドラ・クラリシ

マーティン・フックス選手(スイス)ロンジンFEIジャンピングワールドカップ リオン大会で優勝

10月29日から31日にかけて開催された 2021/2022西ヨーロッパリーグの第2戦目であるロンジンFEIジャンピングワールドカップ リオン大会にて世界第3位のマーティン・フックス選手(スイス)と 14歳のチャップリン号 が優勝を果たしました。これで フランス大会においてスイスの選手が優勝するのは

ケビン・ジョフェム選手(オランダ)ロンジンFEIジャンピングワールドカップ オスロ大会で優勝

10月13日から17日にかけて開催されたロンジンFEIジャンピングワールドカップ(ノルウェー/オスロ、大会グレード CSI5*-W )において、オランダのケビン・ジョフェム選手とターボZ号が優勝しました。2位はベルギーのピエーテル・クレメンズ選手とフルドG号、3位はスウェーデンのイェンス・フレドリク

コナー・スウェイル(アイルランド)、FEIジャンピングワールドカップ サクラメント大会で優勝

10月6日から9日にかけて開催された障害馬術のロンジンFEIジャンピングワールドカップ サクラメント大会(アメリカ/サクラメント、大会グレードCIS4*-W)において、コナー・スウェイル(アイルランド)とヴィタルチャンスドラロック号ペアが優勝を果たした。2位はエリン・バラード(カナダ)とヒューバース

FEI馬場馬術ヨーロッパ選手権でジェシカ・フォン・ブレドウ=ヴェルンドルが優勝、16位には林 伸伍

9月14日から19日にかけて開催されたFEI馬場馬術ヨーロッパ選手権(ドイツ/アーヘン、大会グレードCDIO5*-NC)において、ジェシカ・フォン・ブレドウ=ヴェルンドル(ドイツ)とフェルディナンドBB号ペアが優勝を果たした。2位はシモーネ・ピアース(オーストラリア)とデスターノ号ペア、3位はホセ・